前へ
次へ

弁護士になるまでの勉強時間について

法律職でもトップの地位にある弁護士になるためには、1日や勉強時間を有効に使う必要があります。また数ある資格や職業の中でも取得するのが難しいものであり、勉強時間も平均して8000時間ほどかかるといわれています。なお弁護士はとても取得が難しい資格であるため、働きながらではなく予備校や専門学校に通いながら合格を目指すのが一般的な道のりとなっています。法律はとても複雑で多くの知識を必要とするため、予備校や専門学校に2年から3年通い続けるケースも珍しくないです。そして毎日何時間も勉強をし続ける集中力も必要になるため、それについても認識をしておく必要があります。なので弁護士になるためには、朝おきたら寝るまでのほとんどの時間を勉強時間に費やす必要があります。

Page Top