前へ
次へ

弁護士バッチについて

通称弁護士バッチには、中央に銀色の天秤が彫られており、周りには、十六枚の金色のひまわりの花弁があしらわれています。天秤は、公正と平等の意味を表しています。そして、ひまわりは太陽に向かって力強く咲くことから自由と正義を意味しています。バッチの裏には、上半分を取り囲むように、日本弁護士連合会員章と書かれており、その下には、弁護士登録番号が刻まれているのです。また、バッチは日本弁護士連合会から貸与されているので、登録を抹消された時には、返還しなければならないのです。純銀製のバッチの表面は金色でコーティングされているので、初めは金色に光り輝いていたのが、年数が経過するうちに、表面がはげてきて銀色のいぶし銀色に変わってくるのです。

Page Top